« 08年度上半期(4─9月)新車販売台数は大きく低下 | トップページ | 早期の大幅利下げ観測(FOMC) »

2008.10.01

ここ数日が山となるかも

 ここ数日の間に米国下院で30日に否決された金融安定化法案が、世界的な株価の下落など金融不安を引き起こした影響から早期に成立させるとの合意形成がされ内容の修正が加えられる見込みのようだ。

 こうした動きを捉えて買いが集まり上昇に転じているのものの成立した後には再び米国の財政赤字に目が向けられるのはほぼ確実なのではないだろうか。

 成立後に買いが入るものの短時間で売り込まれる可能性もあり成立後は注意が必要だろう。成立後のイベントによる追い風を受けるだけの経済環境が良いとは思えない。

 ほかの意見を見てみよう。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

  

« 08年度上半期(4─9月)新車販売台数は大きく低下 | トップページ | 早期の大幅利下げ観測(FOMC) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42654660

この記事へのトラックバック一覧です: ここ数日が山となるかも:

« 08年度上半期(4─9月)新車販売台数は大きく低下 | トップページ | 早期の大幅利下げ観測(FOMC) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ