« 米国金融機関2行破綻 これで15件目 | トップページ | 資金投入本格化の第一歩 »

2008.10.12

たった1カ月で1400兆円の信用が喪失

 金融危機が深刻さを増し、世界同時株安の流れが止まらない。

 10日、中堅の生命保険会社が投資先の株価や政権の急落で保有資産の目減りが拡大したことから破綻した。
 日経平均株価は一時1000円以上も暴落しており、米国のダウ工業株平均も1000ドルスパンでの値振れを繰り返し、博打相場化の流れが起きており、一時は、8000ドルの大台を割り込んだ。

 世界の株式市場の時価総額は、9月からの1カ月余りで

     1400兆円

も吹き飛んだとみられている。
 こうした株価の下落が企業や家計を圧迫することにより、景気を冷やし、さらに株安に跳ね返る悪循環が起きている。

 ワシントンで開かれる主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、流れを変えられ可能性を期待したいが、蛇口を開きすぎている状況から絞るタイミングを誤ると大きな禍根を残すことになりそうだ。
 今回のサブプライム問題にしても米国で起きたLTCMの救済の流れから拡大したものであり、金利の引き上げのタイミングを先延ばしにしたことが大きな延引のひとつだ。
 
 また、日本銀行にしても金利引き上げの時期を一昨年から見てタイミング的には3回ほどあったものの、政治的な圧力から行われておらず、今回の世界同時引き下げを行う利幅の確保できておらず実施することすら出来ずに円高の圧力を一方的に受けることとなった。
  
 

« 米国金融機関2行破綻 これで15件目 | トップページ | 資金投入本格化の第一歩 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42750254

この記事へのトラックバック一覧です: たった1カ月で1400兆円の信用が喪失:

« 米国金融機関2行破綻 これで15件目 | トップページ | 資金投入本格化の第一歩 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ