« 中国製造業購買担当者指数(PMI、季調値)が大きく後退 | トップページ | G7各国の協調より、自国の金融制度の見直しが優先されるべき »

2008.11.02

ユーロはこの先15-20年はもたない?

 ジム・ロジャーズ氏(投資家)は31日

     ユーロはこの先15-20年はもたない

との考えを示した。
 同氏はアムステルダムで開かれたABNアムロ・ホールディング主催の投資家会議に出席し統一通貨がこれまで存続した例はないと述べた。

 通貨統一後に分離させる方法ではどのような手法で行われるのだろうか。経済的な混乱や歪が大きくなることにより廃止、或いは離脱することになるのだが、統一時よりは難しい問題が多発することになり想像も出来ない。
 通貨はそもそも信用の付加であり、一旦全ての信用がなくなってしまうということなのだろうか...信用の構築には長い時間が必要となり、分離していく方法も難しい手法となるだろう。

   
     

« 中国製造業購買担当者指数(PMI、季調値)が大きく後退 | トップページ | G7各国の協調より、自国の金融制度の見直しが優先されるべき »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/42980097

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロはこの先15-20年はもたない?:

« 中国製造業購買担当者指数(PMI、季調値)が大きく後退 | トップページ | G7各国の協調より、自国の金融制度の見直しが優先されるべき »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ