« 景気の状況がさらに厳しくなるリスクが存在 | トップページ | 安定化基金は半額が先送り »

2008.11.18

FX取引における複数決済機能

Button_white_2

 

 FX取引による資産運用は収益チャンスの多い会社を選びたい。

 ただ、信頼性、情報力、システムの安定性がないと・・・チャンスが水の泡。
 伊藤忠グループの外国為替取引会社FXプライムは08年9月18日(木)にJASDAQに上場したFX業者です。

 やはり、商社の情報は信頼性が一番ですね。

   口座開設は約10分の簡単申し込み

   POINT 1
     質の高い豊富な情報量(約30種類の市場情報)
   POINT 2
     徹底委されたリスク管理(自動ストップロス制度)
   POINT 3
     「選べる外貨」では保証金が1万円から11コースを用意
                (レバレッジ約1倍から約180倍)
   POINT 4
     相場急変時のスプレッド幅の急拡大が実績としてない。
   POINT 5
     ストレスフリーで資産運用
        (アクセス集中時も安定的なレスポンス取引)
   POINT 6
     信託口座による分別管理

 FXプライム では、新しい機能「注文取消スキップ機能」と「複数決済機能」が新たに追加しました。

 これまで、保有ポジションを成行注文で決済する場合、既に決済のための指値や逆指値注文等が発注されていると、一旦既存の決済注文を取消してから、新たに成行注文を発注する必要がありました。新しい機能では取消操作を省略して、成行(自動成立)注文を行うことができるという便利な機能です。

 

« 景気の状況がさらに厳しくなるリスクが存在 | トップページ | 安定化基金は半額が先送り »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43121086

この記事へのトラックバック一覧です: FX取引における複数決済機能:

« 景気の状況がさらに厳しくなるリスクが存在 | トップページ | 安定化基金は半額が先送り »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ