« 急激な景気減速が懸念材料(ECB) | トップページ | 通貨防衛の手段としての外貨準備の利用に疑問 »

2008.11.19

住宅販売の少なくとも全体の3分の1が差し押さえ物件(NAR) 

 全米不動産業者協会(NAR)の発表(18日)

 7―9月(第3四半期)の一戸建て住宅価格の中央値は

    前年同期比 -9%

と銀行による差し押さえ物件の販売が増加し下落する動きが強まった。

 NARによると、差し押さえ物件の販売は少なくとも全体の3分の1に達し、調査対象となった約150の大都市圏の8割で価格が下落した。

 120の大都市圏で住宅価格が下落する動きが強まり、1979年の統計集計開始以来で最高となった。
 ただ、28大都市圏では価格が上昇する動きが出ている。なお、4大都市圏は横ばいだった。

     

« 急激な景気減速が懸念材料(ECB) | トップページ | 通貨防衛の手段としての外貨準備の利用に疑問 »

気になる指標」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43159869

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅販売の少なくとも全体の3分の1が差し押さえ物件(NAR) :

« 急激な景気減速が懸念材料(ECB) | トップページ | 通貨防衛の手段としての外貨準備の利用に疑問 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ