« デフレの兆しは見られない | トップページ | 円買い »

2008.11.25

シティーの次は?

 米国政府によるシティグループ救済策は投資家の不安を和らげたが、バンク・オブ・アメリカ(BOA)などライバル行のバランスシートにも問題が潜んでいるとの見方が根強く残っている。

 BOAは米国最大の独立系住宅金融会社カントリーワイド・フィナンシャルを買収したことで

   2500億ドルを超す

住宅関連モーゲージ資産を保有し、メリルリンチを買収することでも合意し、米国の住宅市場が大恐慌以来最悪の状況に落ち込む中、モーゲージや他の証券に関する損失が著しく拡大すれば、中核的自己資本(Tier1)比率が危険な水準まで低下しかねないと見られている。

 ミラー・アンド・ワシントンのマイケル・ファー社長は

   困難な状況に追い込まれ

救済される銀行はさらに増える可能性があるとした上で、株価を見ると、次に危なくなるのはBOAのようだとの見方を示した。

  


 BOAは複雑なタイプのモーゲージ提供はやめたものの、償却負担が増加している。

 一方、ウェルズ・ファーゴはワコビア買収によって2600億ドルを上回る消費者ローンを引き継いだ。

 JPモルガン・チェースもワシントン・ミューチュアルを買収したことで、すでに抱えていた多額の消費者ローンに最もリスクの高いモーゲージが上乗せされる形となった。

 それでも、シティはワコビア買収に失敗したことで経営に対する懐疑的な見方が強まり投資家の信頼を失い、預金を通じた資金調達の基盤が弱体化したこととがあるという。

   

« デフレの兆しは見られない | トップページ | 円買い »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43224044

この記事へのトラックバック一覧です: シティーの次は?:

» 【ワシントン・ミューチュアル】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
ワシントン・ミューチュアル についてブログの検索結果をまとめると… [続きを読む]

« デフレの兆しは見られない | トップページ | 円買い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ