« NYダウ 337.94ドルダウン | トップページ | 20カ国・地域(G20)緊急首脳会合首脳宣言 »

2008.11.15

金融サミットで米国が欧州等の意見を取り入れるかが焦点となるが・・・

 金融サミットでは金融危機の再発防止に向けた対策が話し合われる予定

 欧米や新興国における金融政策の違いは明らかであり、当然ながら米国主導による統一的な動きに関する合意は難しいと見られており、政治的な対立で大きな進展は期待できない。

 先進国は、IMFなど国際機関に新たな役割を付与することを検討しているものの、アジア通貨危機を経験した際、強引なIMFの要求に対する嫌悪感が残っている新興国にとってはIMFの権限強化に慎重な姿勢が強いとみられている。

 ただ、世界経済は景気後退色を強めており、各国首脳は金融危機の原因と今後の対策について何らかの指針を示す必要に迫られており、結論は一応出されるものの内容がきになるところ。   

 金融市場の規制改革が大きな議題となっているが、サミットでは規制をどの程度強化するかをめぐり、特に欧州と米国の間に深い溝が出来ておりブッシュ政権における修復は当事者である政権との協力は不合理であり期待できないと見る向きが多い感じだ。

            ▼▼▼ ランキング参加中!応援よろしくお願いいたします ▼▼▼ 

   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 為替ブログ 豪ドル・NZドルへ FXランキング ブログランキング ブログランキング

    

 ドイツ政府当局者は、サミットでは

     市場と安定の新たなバランス

について協議すると発言しており、米国が考えている以上の抜本的な改革が必要との考えを示唆している。
 一方、米国側のプライス国家安全保障会議(NSC)副補佐官(国際経済担当)は、金融市場の混乱は

     規制体制の一定の変更

が必要であることを示しているとし、改革は一定範囲内にとどめるべきだとの認識を示していることから合意できる可能性はない。
 救済を受ける側が折れるのが本来の道筋となるが・・・

     

« NYダウ 337.94ドルダウン | トップページ | 20カ国・地域(G20)緊急首脳会合首脳宣言 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43118441

この記事へのトラックバック一覧です: 金融サミットで米国が欧州等の意見を取り入れるかが焦点となるが・・・:

« NYダウ 337.94ドルダウン | トップページ | 20カ国・地域(G20)緊急首脳会合首脳宣言 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ