« 安定化基金は半額が先送り | トップページ | 住宅販売の少なくとも全体の3分の1が差し押さえ物件(NAR)  »

2008.11.18

急激な景気減速が懸念材料(ECB)

 トゥンペルグゲレル理事(ECB)の発言(18日)

   場  所  フランクフルト

 マクロ経済環境は再びインフレ圧力の低い状態に戻っており、現在は急激な景気減速が見られ、これが懸念材料だと語った。

 ユーロ圏経済は2008年7-9月(第3四半期)が2四半期連続のマイナス成長となり公式のリセッション入りが確認された。
 また、ECBは物価安定維持を

     決意している

として、経済システムには多くの不確実要素があるため、ECBの政策が

     可能な限りインフレを回避するとの信頼

は非常に重要だと指摘した。

 なお、ウェーバー独連銀総裁は17日、ECBは成長減速に

    適切な措置

で対応すると述べていた。

 

 ・ ランキング参加中!応援よろしくお願いいたします→ブログ村 人気ブログランキング  

 

« 安定化基金は半額が先送り | トップページ | 住宅販売の少なくとも全体の3分の1が差し押さえ物件(NAR)  »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43155236

この記事へのトラックバック一覧です: 急激な景気減速が懸念材料(ECB):

« 安定化基金は半額が先送り | トップページ | 住宅販売の少なくとも全体の3分の1が差し押さえ物件(NAR)  »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ