« 日銀の円売り介入の噂でユーロは急騰 | トップページ | 金利引き下げに効果なし »

2008.12.19

原油相場は1バレル=36ドルを割り込んだ

 NYMEXのWTI原油先物相場は5日続落し 、一時2004年7月以来で初めて

     1バレル=36ドル

を割り込む動きが出た。
 世界経済の景気悪化に伴い、石油輸出国機構(OPEC)の減産による影響を上回るペースで需要が縮小するとの思惑から売りが殺到したもの。   

 11月の米景気先行指標総合指数(LEI)が過去7カ月で5度目のマイナスを記録すると、原油相場は下げ足を速めた。

 エネルギー省(米国)は景気後退を理由に2009年のエネルギー消費量が減少するとの見通しを発表した。
 なお、OPECは17日、日量246万バレルの減産で合意している。

    

« 日銀の円売り介入の噂でユーロは急騰 | トップページ | 金利引き下げに効果なし »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43462502

この記事へのトラックバック一覧です: 原油相場は1バレル=36ドルを割り込んだ:

« 日銀の円売り介入の噂でユーロは急騰 | トップページ | 金利引き下げに効果なし »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ