« 利下げは経済の足を引っ張り消費不況を起こしかねない | トップページ | 景気刺激策の金額が増加する意味は? »

2008.12.18

インドと中国が内需拡大策を進める可能性

 リプスキー筆頭副専務理事(国際通貨基金 IMF)の発言

    要  件  米国外交問題評議会(CFR)

 

世界最大の新興市場国である中国・インドに金融危機を乗り切るための

      政策行動余地がある

との見解を示した。  

 中国とインドは大きな人口を抱えており、内需拡大に動いた場合には現在の経済情勢の転機となることになり、両国が国内需要の拡大でインフラの整備等を推し進めた場合には商品市場へのインパクトは極めて大きく、低金利資金が特定商品に向かう流れを止めることができなくなり、逆にインフレが一気に加速することにより経済的なダメージが起きる。

« 利下げは経済の足を引っ張り消費不況を起こしかねない | トップページ | 景気刺激策の金額が増加する意味は? »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43452590

この記事へのトラックバック一覧です: インドと中国が内需拡大策を進める可能性:

« 利下げは経済の足を引っ張り消費不況を起こしかねない | トップページ | 景気刺激策の金額が増加する意味は? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ