« FOMCが大幅金利引き下げ | トップページ | 米国系自動車会社は事前調整型の破産法適用申請の可能性が高い »

2008.12.17

米ドルキャリーが活発化する?

 NY時間帯、外国為替市場では米ドルが下落し対ユーロでは2カ月ぶりの安値を付けた。

 米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を0%-0.25%へ引き下げたため、米国の金利が先進国中で最低となり、米ドルの魅力が弱まった。

 FOMCが声明では、成長再開に向け

     可能な手段すべてを導入する

と強調したことも米ドル売りを誘い、対ユーロで5日続落と、2月以来で最長の下落局面となった。

 一方、トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は15日、政策金利の低下に限りがあるとには限界があると述べ、来年1月に金利を据え置く可能性があることを示唆したことからユーロは対円でも上昇した。

 米国に金利が大幅に下落したことからこれまでの円キャリーから米ドルキャリーに資金需要がシフトすることになり円から米ドルへの乗換えが進みこう着状態になるとの見方があるものの、安い米ドルから円への交換を行い売り込まれている日本株を買う動きが強まることも予想される。

  

« FOMCが大幅金利引き下げ | トップページ | 米国系自動車会社は事前調整型の破産法適用申請の可能性が高い »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43443476

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルキャリーが活発化する?:

« FOMCが大幅金利引き下げ | トップページ | 米国系自動車会社は事前調整型の破産法適用申請の可能性が高い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ