« ジャストインタイムの欠点が重くのしかかる | トップページ | リーマン・ブラザーズを救済しなかったのは大きな間違い »

2008.12.31

ユーロは三角保ち合い状態

ベルゼン・ツァイトゥング紙(ドイツ)によると

 トリシェ総裁(ECB)は 10月以降に実施した合計

     175ベーシスポイント
         (bp、1bp=0.01ポイント)

の一連の利下げがまだ完全にはユーロ圏経済に浸透していないとの見方を示したと報じた。
 同紙とのインタビューで述べたもので、「常に強調している通り、ECBは決して将来の政策を事前に確約することはしない。中期的なインフレ期待をしっかりとつなぎとめるため、必要な行動を常にとる構えだ」とも述べた。

 また、経済成長へのリスクは

      下押し方向にある

とし、経済がこの先どのように展開するのか見通しは不透明だと述べた。
 さらに、新しいデータや数字は、慎重に慎重を重ねて受け止める必要があり、あらゆる事態の展開を極めて注意深く見守らなくてはならないと語った。
 また、原油などの商品価格が劇的に低下したとして、ディスインフレ的であると同時に景気刺激につながる効果があると指摘している。

ユーロ/円にほんブログ村 為替ブログへ
 ボリン上下線は収束し、移動平均線は水平方向の動き。取引は127.5円付近を中心にして揉み合うところ。

 上限128円、下限127.2円の抵抗線があり、動きが強く出れば上下1円程度値が振れる見込み。


     

« ジャストインタイムの欠点が重くのしかかる | トップページ | リーマン・ブラザーズを救済しなかったのは大きな間違い »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43582400

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは三角保ち合い状態:

« ジャストインタイムの欠点が重くのしかかる | トップページ | リーマン・ブラザーズを救済しなかったのは大きな間違い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ