« インドと中国が内需拡大策を進める可能性 | トップページ | 南米エクアドルが米ドル化政策を放棄するか? »

2008.12.18

景気刺激策の金額が増加する意味は?

AP通信 17日)

 オバマ次期米大統領

      8500億ドル(約74兆3000億円)

規模の景気刺激策を議会に提案する可能性があると報じた。

 これは複数の議会関係者の話を基に伝えたもので米国議会が今年承認した戻し減税を大幅に上回る規模となる。

 オバマ氏のアドバイザーはシカゴで16日に開かれた同氏の経済チームの会合後、議会に対し、刺激策の規模は2年間で6000億ドルを超えるはずだとの見通しを示していたが、一部のエコノミストはそれを上回る最大1兆ドル規模の刺激策を提案したとしている。

 不必要な景気刺激策はインフレの元になるとの見方もあり、逆に見ればこれまで伝えられる景気刺激策の金額が増加していることからみると景気後退の流れに歯止めが掛かっておらず景気後退を止めたうえ反転させる資金が増加していることを意味している。

« インドと中国が内需拡大策を進める可能性 | トップページ | 南米エクアドルが米ドル化政策を放棄するか? »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43455050

この記事へのトラックバック一覧です: 景気刺激策の金額が増加する意味は?:

« インドと中国が内需拡大策を進める可能性 | トップページ | 南米エクアドルが米ドル化政策を放棄するか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ