« ブラックフライデー | トップページ | 長期国債の購入など非伝統的な金融政策を取る可能性 »

2008.12.01

ブッラクフライデーの米国売り上げは前年比+3%

 ショッパートラックRCT(調査会社 米)によるとブッラクフライデーと知られる感謝祭翌日の28日小売売上高は

      106億ドル (前年比+3%)

となった。サブプライム問題が起きていた昨年の8.3%増加を大きく下回り、3年ぶりの低水準となった。
 なお、ITバブルが弾けた2005年は0.9%の減少だった。

 ブラックフライデーの良好な数値はクリスマスシーズン全体を予見するものではないものの株価には影響がある。今後の問題としては、この勢いを維持できるかということになる。

 米国の小売業者は住宅価格や株価下落の中で買い物客を引き付けるため、例年より早めに、大幅な値引きを実施しており売上高に比較した利益率の伸びは小さいとも考えられるが、利益を度外視してまでの販売は少なく反転のきっかけになることも期待される。

« ブラックフライデー | トップページ | 長期国債の購入など非伝統的な金融政策を取る可能性 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43283004

この記事へのトラックバック一覧です: ブッラクフライデーの米国売り上げは前年比+3%:

« ブラックフライデー | トップページ | 長期国債の購入など非伝統的な金融政策を取る可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ