« 透明性強化の取り組みには消極的 | トップページ | 銀行国有化観測 (米国) »

2009.01.29

世界の金融機関が抱える損失

 国際通貨基金(IMF)の発表(28日)

 IMFは複数の報告書を発表し、米国の不良資産の影響で世界の金融機関が抱える損失は

     2兆 2000億ドル(約196兆円)

に達する可能性があると指摘、今年の世界経済成長率予想を第2次大戦後で最低の0.5%に下方修正した。
 今回のリポートは、これまで金融機関が発表した1兆1000億ドルの損失や評価損が実際の半分に過ぎず、経済は今後さらに悪化する可能性を示唆したものとなった。

 先進国・発展途上国ともこれまで以上に需要拡大を支援する必要があると指摘した。

 これまでIMFは昨年10月時点で、金融機関の損失額が1兆4000億ドルに達すると予想していた。
 また、11月時点でのIMFの世界経済率見通しは2.2%だった。

« 透明性強化の取り組みには消極的 | トップページ | 銀行国有化観測 (米国) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43889863

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の金融機関が抱える損失:

« 透明性強化の取り組みには消極的 | トップページ | 銀行国有化観測 (米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ