« PIMCOクローズドエンド型地方債ファンド2本の配当支払いを延期すると発表 | トップページ | 天然ガスの支払いをめぐる問題の協議は決裂 »

2009.01.01

世界第3位の石油化学会社が破産申請を検討

 世界第3位の石油化学会社リオンデルベーセル・インダストリーズ(LyondellBasell Industries)が1日、債務再編に向けた手段を模索するなか

     米連邦破産法第11条の適用申請

を検討していることを明らかにした。
 同社は債務再編の手段を模索しており、あらゆる選択肢を検討、アドバイザーとしてエバーコア(Evercore Partners)など複数の機関とすでに契約したことが明らかになっている。  

 金融当局に提出した書類の中で、債務の返済期限延長と再編成について債権者と協議を開始したと報告した。
 また、融資に絡む手数料、1億6000万ドルについても1度の返済延期を求めているという。  

 同社は、オランダの化学会社べーセル・インターナショナルが07年12月、米テキサス州ヒューストンに拠点を置く競合リオンデル・ケミカルを買収して設立された。

 原油価格の乱高下の影響で製品価格への経費等のシフトの時間差があり、景気後退に伴う需要後退の速度が予想外に速かったことが主要企業に対し大きな影響を与えており経常利益等の大幅減少、赤字化などを引き起こしたと見られる。

« PIMCOクローズドエンド型地方債ファンド2本の配当支払いを延期すると発表 | トップページ | 天然ガスの支払いをめぐる問題の協議は決裂 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43596687

この記事へのトラックバック一覧です: 世界第3位の石油化学会社が破産申請を検討:

« PIMCOクローズドエンド型地方債ファンド2本の配当支払いを延期すると発表 | トップページ | 天然ガスの支払いをめぐる問題の協議は決裂 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ