« 12月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率) | トップページ | バッドバンクの費用は最大4兆ドル(米国) »

2009.01.30

世界的な不良債権に対処する取り組みに出遅れ?

 スタンダード(オーストラリア紙)の報道によれば

 ジョージ・ソロス氏(資産家 米)は、不良債権に対処する世界的な取り組みを欧州連合(EU)が推し進めなければ、ユーロは

    生き残れなくなる

可能性があると指摘した。

 これに反応し、ユーロは1ユーロ=1.30ドルを下回る水準に下落した。

 また、円は景気減速の兆候で、キャリー取引の解消が進むとの観測が背景となり豪ドル、メキシコ・ペソに対して値上がりする動きが見られた。

ユーロ/円にほんブログ村 為替ブログへ
 米国の経済統計が悪化したことから景気後退の影響を受けることが再び懸念されリスクマネーの引き上げが起き売りが優勢。

 116円のサポート割れ寸前の揉み合いとなっている。割り込むかは微妙だが注意したい。

   


« 12月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率) | トップページ | バッドバンクの費用は最大4兆ドル(米国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43899462

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的な不良債権に対処する取り組みに出遅れ?:

« 12月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率) | トップページ | バッドバンクの費用は最大4兆ドル(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ