« GMAC会長が辞任 | トップページ | ガス供給ルートの国際監視で合意 »

2009.01.12

穀物市場に売り

シカゴ商品取引所(CBOT 8日)

 大豆相場が一時上昇後、米国に次ぐ大豆の主要生産国である

     ブラジルとアルゼンチンでの降雨

により、過去1カ月間の乾燥気候で脅かされていた穀物の生育が改善するとの観測が高まったことから売りが強まり続落した。
 気候が変化しつつある状況の下では、手じまい売りが集まりやすくなっていくのは当然のことであり、買い持ちにしようとする市場関係者は皆無に等しい。

 大豆先物相場3月限は、前日比0.5セント安の1ブッシェル当たり9.895 ドルとなった。
 CBOTでは1年半ぶりの安値である7.7625ドルを付けた昨年12月5日以降、南米の降雨が減少し乾燥状態になって収穫量下大きく減少するとの予想が主流となっており、今年1月7日までに28%上昇していた。

 プラナリティクス(Planalytics ペンシルベニア州)の上級気象予報士フレッド・ゲッサー氏によると南米の気候は、これまでの穀物の生育期と同様のパターンを示しており、アルゼンチンとブラジルの一部の地域で11日から最大76 ミリの降雨が予想されており、21日にもまとまった雨が降るとみられる。
 
 商品相場が売られる動きになれば豪ドルやNZドル、カナダドルも軟化しやすくなっていきそうだ。

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

   
    

 

« GMAC会長が辞任 | トップページ | ガス供給ルートの国際監視で合意 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43713599

この記事へのトラックバック一覧です: 穀物市場に売り:

« GMAC会長が辞任 | トップページ | ガス供給ルートの国際監視で合意 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ