« ポンドの下落はまだ危機的水準に達していない | トップページ | 中国が人民元相場を操作していると判断 »

2009.01.22

中国向けスクラップ輸出が急増

 世界的な鉄鋼需要の急減により、日本の鉄スクラップ市況も低迷を続けている。

 丸紅の全額出資子会社、丸紅テツゲンによる中国向けスクラップ輸出が

     12月以降急増

していることが分かった。

 鉄スクラップは景気の先行指標の側面が高く、中国の景気刺激策が鉄鋼需要に波及しつつある可能性もあり、景気後退の流れが底を打つことが期待される。

 同社の中国向け輸出は毎月4-5万トン、多くても7-8万トン程度だったが、昨年12月とことし1月はそれぞれ月20万トン程度と通常の4倍の量に増えたという。

 輸出先としては6割が鉄鋼メーカー、4割が大手スクラップ商社の豊立集団(江蘇省張家港市)など商社・流通事業者のようだ。   

 世界的な景気後退から国内需要の拡大を睨んだ政策を押し進めている中国政府は昨年11月、総額4兆元(22日為替換算で52兆円)の景気刺激策を打ち出した影響が徐々に鋼材需要に波及していると見られる。

 また、中国による韓国からの鋼材輸入にも影響が出ているようで急激に需要が拡大する可能性もあり、情報アンテナを高くしていくことが必要で目先の動きで足をすくわれないように注意しないといけないかも。

« ポンドの下落はまだ危機的水準に達していない | トップページ | 中国が人民元相場を操作していると判断 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43820856

この記事へのトラックバック一覧です: 中国向けスクラップ輸出が急増:

« ポンドの下落はまだ危機的水準に達していない | トップページ | 中国が人民元相場を操作していると判断 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ