« ウォーターフォード・ウェッジウッドが破綻の危機? | トップページ | 米ドルは買い支えがしっかり »

2009.01.05

ユーロは調整売りが入って・・・

 外国為替相場は注目される米国の雇用統計(9日)の発表前に

     欧州の経済指標

に意識が集まってきている。
 6日にユーロ圏の12月消費者物価指数(CPI)、7日にドイツの12 月失業率、8日にドイツの11月製造業新規受注といった重要指標が相次いでおり、インフレ率の低下や経済活動の落ち込みが示されることになれば、欧州中銀(ECB)の追加利下げの思惑を喚起することになり、ユーロは売りが主要通貨に対し強まってきている感じだ。

 ただ、12月からの市場で言われている1月利下げ見送り論によるユーロのが先行して買い戻されたステージが一段落しており、この先、第1四半期における利下げ観測が台頭するような気配が出てきており、ユーロを圧迫するリスクに注目が集まり始めた感じもしている。

 ただ、予想より指標が低迷しなければ、ユーロの買い戻しに作用する可能性が高いことからそろそろ売りの調整が終盤になるかもしれない。

« ウォーターフォード・ウェッジウッドが破綻の危機? | トップページ | 米ドルは買い支えがしっかり »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43650643

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは調整売りが入って・・・:

« ウォーターフォード・ウェッジウッドが破綻の危機? | トップページ | 米ドルは買い支えがしっかり »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ