« | トップページ | 透明性強化の取り組みには消極的 »

2009.01.27

中国人民元は依然として過小評価

 ストロスカーン専務理事(IMF)に発言(26日)

   場  所  ジョージ・ワシントン大学(ワシントン)
   要  件  パネル討論会

 中国人民元は依然として過小評価されているとの認識を示し、中国は政策を変更し、輸出よりも内需主導型の経済成長に移行することだと述べたうえで、中国政府の当局者の大半はこれが同国の利益に適うことを確信しているとの認識であることを付け加えた。

   
   

« | トップページ | 透明性強化の取り組みには消極的 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43869501

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民元は依然として過小評価:

« | トップページ | 透明性強化の取り組みには消極的 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ