« 銀行システムは民営が正しい方向 | トップページ | 米銀の破綻14行目 »

2009.02.21

1年ぶりに1オンス=1000ドルを突破 

 NYMEXの金先物相場はほぼ1年ぶりに1オンス=1000ドルを突破した。

 NYダウで株価の続落と景気後退の深刻化を背景に投資家の不安が高まり、価値保存手段として金に対する需要が高まった。

 景気後退が深刻化し、企業の利益を損なうとの懸念が強まっていることが背景のようだ。

 米国金融当局が利下げを実施し、景気対策に数兆ドルを費やす中、投資家はインフレ・ヘッジとして金投資に向かっている。

 金需要の高まりとともに、金連動型ETF(上場投資信託)の金保有量は過去最大に膨らんでいる。

 COMEX部門
  金先物相場4月限

   1オンス=1002.20ドル
    前日比+25.70ドル(2.6%)

      

« 銀行システムは民営が正しい方向 | トップページ | 米銀の破綻14行目 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44127279

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりに1オンス=1000ドルを突破 :

« 銀行システムは民営が正しい方向 | トップページ | 米銀の破綻14行目 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ