« 銀行国有化という計画は一切していない | トップページ | ユーロは天井でのボックス 指標悪化でも? »

2009.02.26

米国債投資の3原則

 劉明康主席の発言(26日)
  中国銀行業監督管理委員会(銀監会)

 米国債を買い増すかどうかを判断する際には

    安全性や流動性、収益性

に留意する必要があるとの考えを示した。

 これは同主席が北京での記者会見で述べたもので安全性と流動性、収益性は、われわれが外貨建て資産に投資する際に順守する原則だとした上で、米国債にどの程度投資するかは、この3原則によって決まると述べた。

« 銀行国有化という計画は一切していない | トップページ | ユーロは天井でのボックス 指標悪化でも? »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44184299

この記事へのトラックバック一覧です: 米国債投資の3原則:

« 銀行国有化という計画は一切していない | トップページ | ユーロは天井でのボックス 指標悪化でも? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ