« ユーロ圏の08年第4四半期実質GDPは大きく落ち込んだ | トップページ | 農民暴動を懸念(中国) »

2009.02.13

米国債購入だけが投資先ではない

 チャイナ・ニュース・サービス(電子版 13日)

 Luo Ping氏の発言
  中国銀行業監督管理委員会(銀監会)

 米国の国債増発は中国のポートフォリオの価値を押し下げる要因となっているとの認識を持っている中国にとっては、米国債購入が一つの選択肢となっているものの、唯一の選択肢ではないと述べた。

 また、フィナンシャル・タイムズ(FT)紙は、Luo氏が債権国は貿易黒字などを米国債に投資するしか選択肢がないとの見解を示し

     中国を含めすべてにとって安全資産

は米国債であり、唯一の選択肢だと述べたと報じた。

 チャイナ・ニュース・サービスによると、Luo氏はFTの報道に補足する形で金や米国以外の国・地域が発行した債券と比較すれば米国債は依然選択肢と なっている。しかし、米国政府が経済危機に対処するなかで大量の国債を発行すれば、すべての米国債投資家は損を被るだろうと述べた。

 なお、 中国は世界最大の米国債保有国となっている。

« ユーロ圏の08年第4四半期実質GDPは大きく落ち込んだ | トップページ | 農民暴動を懸念(中国) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44050463

この記事へのトラックバック一覧です: 米国債購入だけが投資先ではない:

« ユーロ圏の08年第4四半期実質GDPは大きく落ち込んだ | トップページ | 農民暴動を懸念(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ