« 地銀3行が破綻(FDIC 米国) | トップページ | 脅威に対し負担増大を期待とは? »

2009.02.08

金融危機が一段と深刻化する恐れ

 ストロスカーン専務理事(IMF)の発言(7日)

   クアラルンプールでの会合

(発言概要)

 先進国は既に不況に陥っており、世界的な景気刺激策は銀行システムへの信頼感が回復されない限り、世界経済をリセッションから脱出させることはなく金融危機が一段と深刻化する恐れがある。
 各国が本格的な政府による介入を準備し、支払い不能に陥った銀行を迅速に売却したり、清算すべきであり、最悪の事態を否定できないと指摘した。 
 オバマ政権の景気対策に関しては、正しいものだと語った。

 欧州中央銀行(ECB)については、一段の利下げ余地の可能性があるとしながらも、それはユーロ圏の銀行のリストラほど重要ではないかもしれないと指摘した。

 アジア諸国に対しては、より多くの景気刺激策の余地がなおあると強調した。

   

« 地銀3行が破綻(FDIC 米国) | トップページ | 脅威に対し負担増大を期待とは? »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/43999014

この記事へのトラックバック一覧です: 金融危機が一段と深刻化する恐れ:

« 地銀3行が破綻(FDIC 米国) | トップページ | 脅威に対し負担増大を期待とは? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ