« G7の機密文書で利回り格差拡大が懸念材料と・・・ | トップページ | 経済の景気低迷はミニ恐慌の状態 »

2009.02.10

円と米ドル 対ユーロで売り優勢

 オバマ大統領の演説(9日)

    場  所  インディアナ州

 企業が引き続き人員を削減している中で、米国は景気対策法案の通過をこれ以上待っている余裕はないと述べ、議会に対し、週内の法案通過を強く求めた。

 そもそも、われわれはこれ以上、悠長に構えることも、議論することも、このような深刻な事態を招いた従来からの誤った考え方に頼ることもできないとも述べた。

 
米ドル/円にほんブログ村 為替ブログへ
 NYダウが売りで始まり値を戻すも軟化傾向にあることから頭が重い動き。

 ボリン上下線は水平からやや下向きの流れで収束する気配。取引はGMT6時安値90.87円まで売り込まれた後、買戻しが日あるも長期線を越えた91.80円下で揉み合う動きが続いている。ボトムは上向きのラインで買いが続いているものの再度売り込まれる可能性も高い。

 下限90.5が支持線となるが割りこむと89.4円まで値を消す見込みだ。今のところはボックス相場を形成しているものの91.80円が突破できないと時間経過とともに売り込まれていく見込み。

 

 為替情報はこちらも参考になります。 にほんブログ村 為替ブログへ

 

« G7の機密文書で利回り格差拡大が懸念材料と・・・ | トップページ | 経済の景気低迷はミニ恐慌の状態 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44014078

この記事へのトラックバック一覧です: 円と米ドル 対ユーロで売り優勢:

« G7の機密文書で利回り格差拡大が懸念材料と・・・ | トップページ | 経済の景気低迷はミニ恐慌の状態 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ