« 09年通年で欧米はデフレには至らず | トップページ | パパは楽しい躁うつ病 »

2009.02.25

景気の急速な収縮に一段のリスク

 バーナンキ議長(FRB)の証言(24日)

   要  件  金融政策に関する上院銀行委員会

 経済成長の弱まりと金融市場の緊張が相互に及ぼす影響が、景気の急速な収縮に一段のリスクをもたらしていると指摘した。  
 この負の連鎖を絶つには、金融機関や金融市場の安定化に向けた政府の強力な措置で財政出動による刺激策を引き続き補完することが不可欠である。  

 政府や議会、FRBの措置により

     金融安定がある程度回復

すれば、その場合のみ現在の景気後退が2009年に終了し、10年は回復の年となるとの合理的な見通しが成り立つと考える。
 さらに、見通しに影響するもう1つのリスクは

     世界的な景気低迷

だとし、現在予想されている以上に米国の輸出を鈍化させ、金融状況に打撃を及ぼす可能性があると警告した。

« 09年通年で欧米はデフレには至らず | トップページ | パパは楽しい躁うつ病 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44169915

この記事へのトラックバック一覧です: 景気の急速な収縮に一段のリスク:

« 09年通年で欧米はデフレには至らず | トップページ | パパは楽しい躁うつ病 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ