« 強い加盟国が弱い国を支援する手法 | トップページ | インドネシア支援 »

2009.02.23

数日以内に弾道ミサイルの発射試験を行う可能性

 英軍事専門誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーによると、北朝鮮は数日以内に弾道ミサイルの発射試験を行う可能性があるという。   

 今月18日に撮影された北朝鮮東岸の舞水端里(ムスダンリ)にある発射施設の衛星写真(Digital Globe)を分析した専門家によれば、北朝鮮は弾道ミサイル

     テポドン2号

などの発射を準備しているとみられる。

 なお、これまで北朝鮮が発射実験を行う場合に着弾海域から漁船を退避させることや、関係国への事前通告、電話の通話の制限など通信関係での動きが見られる。

 テポドン発射が行われれば地政学的なリスクの増加で円が売られやすい環境となることが多い。

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

« 強い加盟国が弱い国を支援する手法 | トップページ | インドネシア支援 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44149159

この記事へのトラックバック一覧です: 数日以内に弾道ミサイルの発射試験を行う可能性:

« 強い加盟国が弱い国を支援する手法 | トップページ | インドネシア支援 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ