« 近くミサイル発射テストを実施する兆候の可能性 | トップページ | 英国経済は深刻なリセッション »

2009.02.12

バルチックドライ海運指数 が連騰

 ロンドンにおける代表的な国際海運市況である

   バルチックドライ海運指数  
      (バラ積船の運賃指標)

が米国や中国の景気対策への期待感などにより、16日連続の上昇を記録している。  

 海運指数は世界経済や世界株の先行指標でもあり、リスク回避の円高を後退させる材料としても注目されており、また、商品相場の先行指標でもることから、 為替相場では中国経済と相関性の高い豪ドルのほか、NZドル、カナダ・ドル、南アフリカ・ランドなどの資源国通貨をサポートする要因として注視される。

 テクニカルでは中期トレンドラインを示す75日移動平均線が、昨年7月以来の上向きに転換している。   
 その他、7月以来の90日移動平均線の上抜けとなってきたほか、一目均衡表では6月以来の雲の上抜けという上放れが示唆されており、景気底離れとして転換シグナルが点滅しているようだ。

 

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

     

« 近くミサイル発射テストを実施する兆候の可能性 | トップページ | 英国経済は深刻なリセッション »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44034331

この記事へのトラックバック一覧です: バルチックドライ海運指数 が連騰:

« 近くミサイル発射テストを実施する兆候の可能性 | トップページ | 英国経済は深刻なリセッション »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ