« 円の「適正水準」は1ドル=114円との見解 | トップページ | 人民元が米ドルに対し週間ベースで下落 »

2009.03.27

リセッションは年央あたりに終了する可能性

 スターン総裁(ミネアポリス地区連銀)の講演(26日)

 米国の金融市場および経済活動の改善に向けて、足元多くの事柄が備えられており、わたしは慎重ながら楽観的にとらえており

    リセッションは年央あたりに終了する可能性

があるとの見方を示した。

 ただ、政府の大規模な景気対策は時宜に適い総需要の押し上げや連邦準備理事会(FRB)などによる政策対応の補完につながるはずだが、FRBの政策の効果を判断するのはまだ時期尚早で、追加措置が必要かどうかも分からないとした。

 

経済はその後限定的に回復し、2010年半ばからしっかりした成長になるとした。

 スターン総裁は2009年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有していない。

« 円の「適正水準」は1ドル=114円との見解 | トップページ | 人民元が米ドルに対し週間ベースで下落 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44478373

この記事へのトラックバック一覧です: リセッションは年央あたりに終了する可能性:

« 円の「適正水準」は1ドル=114円との見解 | トップページ | 人民元が米ドルに対し週間ベースで下落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ