« 非ユーロ加盟国に対する追加の緊急融資協議は行っていない | トップページ | 最大30億ドルの買収案 »

2009.03.01

会議等でのいたずら書きはプレゼンやスピーチを記憶しやすくする効果?

 プリマス大学(University of Plymouth 英)の研究チームは27日、いたずら書きは時間の無駄遣いなどではなく

    退屈なプレゼンやスピーチを記憶しやすくする効果

があるとの実験結果を学術誌「Applied Cognitive Psychology」に発表した。

 この実験では、ボランティア40人に、8人の人物の名前が登場する留守番電話のメッセージを聞いてもらい、半数の20人には同時に紙に書かれた図形を塗りつぶす作業をしてもらい、その後、会話に登場した人物の名前を思い出してもらうという実験。

 いたずら書きしなかったグループは

     平均5.8人

しか思い出せなかったのに対し、いたずら書きをしていたグループは

     平均7.5人

と、29%も記憶力がよかったという。

 いたずら書きのような単純作業では、主な作業の能率に影響を与えず、かつ空想にふけるのを防ぐ効果がある可能性が高いと見られる。集中力を安定させ持続させるための効果があるかもしれないが、いたずら書きに意識を集中すれば逆に記憶が途切れることにもなり、程度問題かもしれない。

« 非ユーロ加盟国に対する追加の緊急融資協議は行っていない | トップページ | 最大30億ドルの買収案 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44207789

この記事へのトラックバック一覧です: 会議等でのいたずら書きはプレゼンやスピーチを記憶しやすくする効果?:

« 非ユーロ加盟国に対する追加の緊急融資協議は行っていない | トップページ | 最大30億ドルの買収案 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ