« なぜ、中国「毒食」を作り続けるのか | トップページ | 英国では今週にもマネー創造を開始? »

2009.03.03

景気刺激策の規模倍増?(中国)

 スティーブン・グリーン氏(上海在勤)の発言
   中国調査部門責任者(スタンダード・チャータード 英銀)

 中国が今週開幕する全国人民代表大会(全人代)で

      総額4兆元(約57兆円)

の景気刺激策の規模倍増を打ち出し、景気信頼感の押し上げを図る可能性があると指摘した。

 先月北京でグリーン氏が話を聞いた中国政府当局者が8兆-10兆元規模の政府が支援する投資は可能だと述べたという。

 中国が全人代でそれを発表すれば

      景気信頼感にとって素晴らしい朗報

となるだろうと指摘した。

 ただ、景気情勢が悪化する事態に備えて、発表を先送りする選択肢もあると付け加えており、発表があるまでは方向性は波打つ動きが続く見込み。

 もし、この動きが実際に起これば商品市況は強含み景気後退の流れは一気に止まり底離れが起きる可能性が高くインフレ懸念が強まると見られる。

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

   


    
  

« なぜ、中国「毒食」を作り続けるのか | トップページ | 英国では今週にもマネー創造を開始? »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44233991

この記事へのトラックバック一覧です: 景気刺激策の規模倍増?(中国):

« なぜ、中国「毒食」を作り続けるのか | トップページ | 英国では今週にもマネー創造を開始? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ