« 米国の財政悪化はさらに深刻化 | トップページ | 国債への資金投入で為替相場を買えることは出来ない »

2009.03.23

交差付着の化学物質だけではなく水銀までも飛来?

 環境省による22日までの大気観測で、中国内で石炭の燃焼などによって発生する水銀が、風に乗って日本にも到達している可能性があることが明らかになった。  

 ただ、検出された量は極めて微量で国の指針値を大きく下回り、直ちに健康に悪影響を及ぼすわけではない。

 これまでも中国方面からは光化学スモッグの原因となるオゾンや黄砂に付着した化学物質なども日本に流入していることが指摘されている。

 2007年10月から、沖縄県国頭村の辺戸岬で大気中に含まれるガス状水銀の連続測定を始め、昨年10月までに得られた測定結果によると、濃度はほぼ大気1立方メートル当たり1-2ナノグラム(ナノは10億分の1)で推移しているという。

 この数値は中国や韓国で報告されている大気中の水銀濃度の半分程度だったものの月に数回程度、2ナノグラムを超えるピークが観測され、08年2月には最大値となる4・4ナノグラムの水銀が観測された。  

 中国は世界で主要な石炭産出国情報)のひとつであり、同国内の主なエネルギーを石炭に頼っている中ため、石炭の利用増加に伴って石炭中に含まれる水銀の排出が増加する傾向が高い。
 なお、米国にまで到達しているとの指摘もあり、削減を求める声が米国を中心として世界的に強まることが考えられる。

« 米国の財政悪化はさらに深刻化 | トップページ | 国債への資金投入で為替相場を買えることは出来ない »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44438798

この記事へのトラックバック一覧です: 交差付着の化学物質だけではなく水銀までも飛来?:

« 米国の財政悪化はさらに深刻化 | トップページ | 国債への資金投入で為替相場を買えることは出来ない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ