« タックスヘイブンの新たなブラックリストを作成(OECD) | トップページ | 交差付着の化学物質だけではなく水銀までも飛来? »

2009.03.23

米国の財政悪化はさらに深刻化

 米国議会予算局(CBO)の発表(20 日)

 米国の2009年度(08年10月-09年9月)の財政赤字が

       約1兆8500億ドル

になるだろうとの予想を明らかにした。
 この財政赤字の数値は2月に発表した予想を 1000億ドル上回っている。

 また、翌10年度の財政赤字は1兆3800億ドルで、これも政府予想より約2000億ドル多い。

 CBOによれば、財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は09年度が 13%、10年度が10%となった後、19年度まで4%を上回った水準で推移することで10年度から19年度の赤字は合計9兆2700億ドルに達し、米政 府の予想を約2兆3000億ドル上回る見通しを示した。

 こうしたCBOの赤字予想に伴い、オバマ政権は医療保険制度の適用対象の拡大などの主要政策で議会の承認を得ることが一段と難しくなる可能性が強いと見られる。

 CBOは実質経済成長率が今年マイナス3%、来年はプラス2.9%と予測している。

 なお、オバマ政権は今年の成長率をマイナス1.2%、来年をプラス 3.2%と予想していた。

 米国が財政赤字の穴埋めに国債を発行する必要があり、米国債を購入してもらうための資金を得ることが必要になるが、この資金を提供するために米ドルに資金が流入すれば米ドル高となるが、米ドルの価値を懸念する動きが強まれば先に資金が流出し米ドル安に値が振れるというジレンマがあり、判断が難しい。
 日本が購入するとすれば円建ての債券であれば問題は少ないが、こうしたリスクを米国が取らないため、購入することによるデメリットが重く圧し掛かりそうだ。

   

« タックスヘイブンの新たなブラックリストを作成(OECD) | トップページ | 交差付着の化学物質だけではなく水銀までも飛来? »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44438546

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の財政悪化はさらに深刻化:

« タックスヘイブンの新たなブラックリストを作成(OECD) | トップページ | 交差付着の化学物質だけではなく水銀までも飛来? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ