« 非常に迅速に対応する計画(米国) | トップページ | 米国への投資の健全性について安心してよいと強調 »

2009.03.15

ロンドンG20 財務相・中央銀行総裁会議、共同声明の骨子

 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議がロンドン近郊のホーシャムで開催された。    14日午後(日本時間同日深夜)採択した共同声明の骨子  ① 世界経済の成長回復まであらゆる必要な行動をとる用意がある。  ② 優先事項は不良債権処理による貸し出しの回復である。    金融システム上重要な機関の健全性確保へあらゆる行動をとる約束を再確認した。  ③ 財政拡大は成長回復に必要な規模の継続した努力を約束し、国際通貨基金(IMF)に行動の評価を要請する。  ④ 中央銀行はあらゆる政策手法を活用し、必要な間、緩和政策を維持する。  ⑤ 新興国・途上国支援のため、IMFの資金基盤を大幅強化する緊急性について合意した。  ⑥ ヘッジファンドに登録制を導入し、リスク評価へ適切な情報開示を行う。  ⑦ 信用格付機関に登録制を導入する。  ⑧ 新興国・途上国はより大きな発言権と代表を有するべき。    なお、IMF出資比率の見直しは2011年1月までに結論。

« 非常に迅速に対応する計画(米国) | トップページ | 米国への投資の健全性について安心してよいと強調 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44350949

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンG20 財務相・中央銀行総裁会議、共同声明の骨子:

« 非常に迅速に対応する計画(米国) | トップページ | 米国への投資の健全性について安心してよいと強調 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ