« 豚インフルエンザ流行に関する警戒レベルを引き上げ(WHO) | トップページ | 警報を発する差し迫った理由はない(米国) »

2009.04.28

季節性インフルエンザのワクチンで対応が可能?

 米国疾病対策センター(CDC)のシューシャット所長はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、WHOの勧告発令に続き

     米国政府も渡航関連の勧告を変更する

と考えられると話し、27日にも新勧告が発令される可能性は十分にあるとの見解を示した。

 なお、研究者の間では、豚インフルエンザ季節性インフルエンザに関連性があるとして

      季節性インフルエンザのワクチン

で豚インフルエンザの感染をある程度予防できるとの見方もあるという。

 この理論を調査するため、ミシガン大学の研究者らはワクチン接種の前後両方の血液サンプルを採取しており効果を検証しているようだ。

 もしも、効果が明らかになれば株価は反発し、為替相場も大きく反転するため注意が必要だろう。
   

 米地質研究所の地震情報センター(27日)

 メキシコの南西部でマグニチュード6.0の地震が発生したと発表した。

« 豚インフルエンザ流行に関する警戒レベルを引き上げ(WHO) | トップページ | 警報を発する差し迫った理由はない(米国) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44818601

この記事へのトラックバック一覧です: 季節性インフルエンザのワクチンで対応が可能?:

« 豚インフルエンザ流行に関する警戒レベルを引き上げ(WHO) | トップページ | 警報を発する差し迫った理由はない(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ