« 北朝鮮の衛星打ち上げは失敗(米国) | トップページ | 日米欧が新たに通貨スワップ協定を締結 »

2009.04.06

メキシコの麻薬戦争

 メキシコ経済はすでに景気後退に陥っているといわれており、激しさを増す

     麻薬戦争

が一段の足かせ要因となってきた。

 投資家の一部は麻薬戦争リスクを回避するために同国から資金を引き揚げはじめていることから、メキシコ通貨ペソの下落要因にもなっている。

 米国の国境からメキシコの観光地であるカンクンやアカプルコといった有名なビーチリゾートまで、麻薬組織の抗争とみられる重大事件が後を断たない状態で、昨年、組織間の縄張り争いでは縮小するパイをめぐる抗争等で約6300人が死亡したともいわれている。

 なお、米国政府は抗争が波及するのを警戒し、メキシコ国境の警備体制を強化しているものの一部の米国人投資家は、治安当局が麻薬組織を制圧できないとの懸念から、メキシコから資金を引き揚げた。

 メキシコ経済は足元、1994年12月の「テキーラ危機」以来の深刻なリセッションに陥っており、政府は国際通貨基金(IMF)に対し、総額470億ドルの信用枠設定を要請している。  
 ただ、大きな外貨獲得源になっている海外からの観光客は、ペソ安が魅力となって、人数に大きな落ち込みはみせていない。今後、治安悪化が拡大し、誘拐等の犯罪が増加し観光客が巻き込まれるような事態になれば強烈な一撃がメキシコ経済に加わることになりテキーラ危機がその後ラテンアメリカに拡大していく動きとなって被害が拡大したことにも注意が必要となる。

 そういえばメキシコで有名なビールのソイビールが日本国内では昨年から手に入らなくなっており、飲めません。
 メキシコ料理店で頼んで見ると、昨年から輸出の問題で日本には入っていないとのこと。

   

« 北朝鮮の衛星打ち上げは失敗(米国) | トップページ | 日米欧が新たに通貨スワップ協定を締結 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44581909

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコの麻薬戦争:

« 北朝鮮の衛星打ち上げは失敗(米国) | トップページ | 日米欧が新たに通貨スワップ協定を締結 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ