« 米国の地銀2行が破綻し昨年の総数と並んだ | トップページ | EUの姿勢変化を促すリポート »

2009.04.19

住宅不況深刻化

 カリフォルニア州政府が17日発表の雇用統計

 カリフォルニア州の3月の失業率は1976年の記録開始以来

   最悪の11.2%(2月 10.6% 季節調整済みで)

と全米平均の8.5%を大きく上回った。

 カリフォルニア州は住宅バブルの崩壊による住宅関連産業の低迷が響き、全米に比べて失業率が高くなっており、3月に6万2100人の失業者が出て急伸した。

 これは自動車産業の不振で失業率が最も高いミシガン州、オレゴン州、サウスカロライナ州に次いで全米ワースト4位となっている。

 サブプライムローンの焦げ付き問題が深刻化した2007年7月以来、カリフォルニア州では72万7700人の失業者が出て、総計は153万人に達している。
 このうち27週以上にわたって働き口がない長期失業者は4分の1に上っており改善の気配が見られない。

« 米国の地銀2行が破綻し昨年の総数と並んだ | トップページ | EUの姿勢変化を促すリポート »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44716653

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅不況深刻化:

« 米国の地銀2行が破綻し昨年の総数と並んだ | トップページ | EUの姿勢変化を促すリポート »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ