« 中国で重要な経済指標が発表になると桶屋は儲かるか?損となるか? | トップページ | 総額580億ドルの新規課税案が株価にややマイナスの影響 »

2009.05.12

オバマ政権の経済チームが11 日公表したリポート

 米国経済成長率が年末までに

     年率3.5%のペース

に回復するとの予想を示しました。
 この数値は政権の成長率予想は民間のほぼ2倍となっています。   

 ただ、リポートでは2010年度(09年10月-10年9月)の予算請求の基になる09年通年の成長率予想は

    -1.2%

で据え置いたままです。

 前年に比べインフレ低下と失業率上昇、市場金利低下を予想しているようですが、年後半で急回復するということは逆にその前は大きく失速するということのようでこれからが心配となります。

 リポートでは09年の景気の落ち込みは今までのところ、予想を確定した時点での

    政権の見積もりよりも大きい

ものの金融システムの機能が正常化すれば、現在のリセッションが深いことから、幾分強い回復を予想する根拠は十分にあると説明しています。

 

 一方、7870億ドル規模の景気対策をてこに、成長率は早ければ年末に年率3.5%となり、来年通年でも同ペースで成長を続けると予想しています。

 政権はリポートでは米連邦準備制度理事会(FRB)の新たな政策として、

   市中銀行への資金供給
   長短期米国債購入による流動性拡大

が図られることから、住宅着工が年内に底を打ち、住宅価格の相対的な安定により力強い回復が始まると予想しています。

 一方で同報告では、2兆ドルを突破したFRBのバランスシート膨張について、国家通貨供給量の爆発的拡大につながる可能性があると指摘しています。

 FRBは景気後退と金融危機からの回復に伴い

    速やかにバランスシートを縮小する用意

があると記述しています。

 資金供給のバルブを締めるタイミングはあけるタイミングより難しいと見られます。経済指標の結果により締めるのではタイムラグがあり時機を逸する危険が高く、適時であれば心理的な部分ではやや早すぎるという感覚的な反応が出るため。

 


    

« 中国で重要な経済指標が発表になると桶屋は儲かるか?損となるか? | トップページ | 総額580億ドルの新規課税案が株価にややマイナスの影響 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44986112

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ政権の経済チームが11 日公表したリポート:

« 中国で重要な経済指標が発表になると桶屋は儲かるか?損となるか? | トップページ | 総額580億ドルの新規課税案が株価にややマイナスの影響 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ