« CFDの取引心得 (その3) | トップページ | 豚インフルエンザは人為的に生まれたものではない(WHO) »

2009.05.15

ユーロ圏の4月消費者物価指数

 ユーロ圏の4月消費者物価指数(コアCPI)

    前年比+1.8%(事前予想 前年比+1.6%)

となった。

ユーロ/米ドル
 ボリン上下線は水平から上下に拡大する動き。
 移動平均線這う編む木の流れが止まりクロスして反落し始めた。

 取引は1.3600のサポートが割れてからは売りが優勢となり底値を探る動きが強まっている。目先1.3500円で止まればよいが、割り揉めば1.3330付近までポジションが崩れそうだ。

    

 為替情報はこちらが参考になります。sign01 にほんブログ村 為替ブログへ

    

 ユーロ圏の4月CPI(消費者物価指数)

    前月比+0.4%(事前予想 前月比+0.4%)
    前年比+0.6%(同 前年比 +0.6%)

となった。

 ユーロ圏の1-3月期GDP(速報)は 

    前期比-2.5%(事前予想 前期比-2.0%)
    前年比-4.6%(同 前年比 -4.1%)

と大きく悪化している。

 

ユーロ/円にほんブログ村 為替ブログへ
 ボリン上下線は上下に拡大する動き。
 移動平均線は上向きの流れが止まり、売り込まれたことで下向きにクロスして値を消す動き。

 ボリン下線を揉み合いながら値を消す動きが続いているが、上値が重くライン突破を促す買いが入らない。

    

  

« CFDの取引心得 (その3) | トップページ | 豚インフルエンザは人為的に生まれたものではない(WHO) »

気になる指標」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45022310

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏の4月消費者物価指数:

« CFDの取引心得 (その3) | トップページ | 豚インフルエンザは人為的に生まれたものではない(WHO) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ