« インドでも豚インフルエンザに感染しているのを確認 | トップページ | フィアットが事業拡大を模索 »

2009.05.18

信用取引とCFD取引の違いが分りません!!

 一般的な信用取引とCFD取引の違いは2つに区分できると思います。

1.高いレバレッジ機能

 レバレッジが高く設定できるCFD取引に対し、信用取引は最大でも3倍程度のレバレッジしか掛けられていないことです。
 投資家を保護する観点からのものであり、一長一短があります。

 また、業者によっては数十倍~100倍以上のスペックがありることから、CFDは高い効率性で資金を運用する事が出来ます。
 (逆に動けば損金はそれだけ多くなることに注意が必要です)

2.海外市場との連動性が強い


 海外市場へ簡単にアクセスすることが出来るのもCFD取引の特徴です。
 通常海外への株式投資を行う場合には、各市場ごとに異なる証券会社に口座を開設する必要となります。
 CFD取引の場合は一つの業者(口座)で海外株式の購入が可能になると言う特徴があります。
 
  

« インドでも豚インフルエンザに感染しているのを確認 | トップページ | フィアットが事業拡大を模索 »

はじめてのFX CFD BO」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45110138

この記事へのトラックバック一覧です: 信用取引とCFD取引の違いが分りません!!:

« インドでも豚インフルエンザに感染しているのを確認 | トップページ | フィアットが事業拡大を模索 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ