« ボルボが売却 | トップページ | CFDのメリットとは? »

2009.05.07

追加資本は750億ドル

 米国政府によるストレステスト(健全性審査)の結果について米国のメディアが報道した情報によると

ザフライオンザウォール・コムの情報
 ゴールドマン・サックスについては資本増強は不要。
 一方、資本増強が必要な金融機関として
 シティグループ 50億ドル
 GMAC 115億ドル

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の情報
 JPモルガン・チェースは追加の資本増強は不要。

ブルームバーグの情報
 モルガン・スタンレーの資本増強は不要。

CNBCの情報
 リージョンズ・フィナンシャルは追加資本が必要。

AP通信の情報
 アメリカン・エキスプレス(アメックス)の資本増強は不要。

とのこと。

 キース・ホロウィッツ氏(アナリスト シティグループ)によると、米国政府によるストレステスト(健全性審査)の対象となった国内銀行について、必要とされる追加資本が

    総額750億ドル

に達するとの見通しを示した。

 特にバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)ウェルズ・ファーゴが必要とする資本の額が大きいとしている。
 なお、バンカメについては、普通株による大幅な増資が必要となる公算が大きいとした上で、優先株の転換により資金を調達できるとの見方を示した。

 同氏が取り上げた16行のうち10行がストレステスト後に増資を行なうと予想した。

 キーコープ
 リージョンズ・フィナンシャル
 USバンコープ

が含まれるとしている。  

    

« ボルボが売却 | トップページ | CFDのメリットとは? »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44927540

この記事へのトラックバック一覧です: 追加資本は750億ドル:

« ボルボが売却 | トップページ | CFDのメリットとは? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ