« OECD最新の経済見通し報告では大幅修正の見込みなし | トップページ | CFD取引で業者を選びぶポイントは?(その1) »

2009.05.21

米国景気の後退がより深くなる

 米国連邦準備制度理事会(FRB)の発表(20日)

 米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事録(4月28-29日に開催)によると、金融当局者は

     景気後退がより深くなる

との見通しを示した。
 これにより失業率については9%台の高水準が2010年末まで続くと予想した。

 2010年の成長率見通しをこれまでで最大の幅で下方修正した。

 市場が考えていたより米国経済の後退局面の転換が遅れ、景気がこれまで考えられていたほど急速には回復しないことを示唆した内容となった。

 この発表により米国の株価は売りが優勢となって下落し、米ドルは全面安の流れが強まっている。

« OECD最新の経済見通し報告では大幅修正の見込みなし | トップページ | CFD取引で業者を選びぶポイントは?(その1) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45079603

この記事へのトラックバック一覧です: 米国景気の後退がより深くなる:

« OECD最新の経済見通し報告では大幅修正の見込みなし | トップページ | CFD取引で業者を選びぶポイントは?(その1) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ