« 米国の4月ADPが改善 | トップページ | ボルボが売却 »

2009.05.07

英国中央銀行(BOE)の金融政策委員会に注目

 ポンド相場は、今日予定される英国中央銀行(BOE)の金融政策委員会に注目したい。

 市場では政策金利が現状の0.50%のままで据え置かれると予想されているが、焦点は

      追加の量的緩和策

の内容がどのようのものになるかということだ。

 追加の量的緩和策で、さらなる長期国債の買い入れ枠拡大が示されると、ポンドは再下落へ突入することが予想される。

 一方、最近の指標改善や英国債の格下げリスクへの配慮などから

      買い取り枠を小幅にとどめる

との内容となれば、先行きの量的緩和打ち止めの思惑を想像させることとなり、ポンドが再上昇する可能性が高い。
 ただし、現状ポンドへの資金流入が続き上昇後は、147.50-149.00円のボックスで推移しており、50銭程度値がラインを突破して振れている状況となっている。

  
ポンド/円にほんブログ村 為替ブログへ
 ボリン上下線と移動平均線は緩く下向く動きのなか、下線割れから買い戻す動きが続き149円を頭に足踏み状態となっている。

 目先、BOEが政策委員会の会合の内容が明らかになる午後8時までは思惑で動くこととなり値動きの幅が次第に小さくなってエネルギーが溜まっていきそうだ。

  

 

« 米国の4月ADPが改善 | トップページ | ボルボが売却 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44927249

この記事へのトラックバック一覧です: 英国中央銀行(BOE)の金融政策委員会に注目:

« 米国の4月ADPが改善 | トップページ | ボルボが売却 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ