« バルチック海運指数が再び13連騰を達成 | トップページ | カナダ2経済指標は好転 »

2009.05.21

米ドル売りが弱くならない

 東京外国為替市場では米国のFOMCの会合内容が明らかになった昨日から景気後退の深刻化懸念を背景とした米国株式市場の下落傾向が見られたことからそれに続いて、 アジアの株式市場もほぼ全面安の展開となっている。

 投資家 がリスク投資を敬遠する可能性が警戒され、高金利通貨などから円に 資金を戻す動きに圧力がかかった。         

 ただ、東京市場の前場が引けてからは買戻しが入り始めた。

   米連邦準備制度理事会(FRB)が20日に発表した連邦公開市 場委員会(FOMC)議事録(4月28-29日開催分)によると、当 局者は景気後退がより深くなるとの見通しを示しており、失業率につ いては9%台の高水準が2010年末まで続くと予想している。                 
 イングランド銀行(英中央銀行)は20日、今月7日に開 いた金融政策委員会(MPC)の議事録を発表。資産買い取りによる 量的緩和の規模を

    500億ポンド(約7兆4400億円)

拡大すること が全会一致で決定され、一部メンバーにとっては、より大規模な量 的緩和もあり得たことが明らかとなったことで、インフレ懸念がインフレ懸念を重視した買いが入った。

 また、欧州中央銀行(E CB)の政策決定委員会は、今月7日の定例政策委員会で

   約1250 億ユーロ(約16兆3800億円)相当

の資産購入計画を協議していた。         

      

« バルチック海運指数が再び13連騰を達成 | トップページ | カナダ2経済指標は好転 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45081757

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル売りが弱くならない:

« バルチック海運指数が再び13連騰を達成 | トップページ | カナダ2経済指標は好転 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ