« JPモルガン・チェースのみがストレステスト合格? | トップページ | CFD取引をうまくするためのコツは? »

2009.05.06

外国為替証拠金取引(FX)の規制は・・・

 金融庁が個人投資家に普及している

   外国為替証拠金取引(FX)の規制を強める方針

を示したことで、関係者に波紋が広がっている。
 最も懸念が強いのが、投資家が預けたお金(証拠金)で何倍の取引ができるかを示すレバレッジ(証拠金倍率)の上限規制だ。
 金融庁は市場健全化のために必要と説明するが、規制で市場が冷え込むことへの懸念も出ている。  

 また、投資家保護ということであれば悪質な業者を取り締まることが先に必要ではないだろうか。そもそも、投資家保護であれば、市場を拡大させるという意味からも、相対取引に対する総合化課税制度自体を変え、分離課税にする事が先決ではないだろうか。

« JPモルガン・チェースのみがストレステスト合格? | トップページ | CFD取引をうまくするためのコツは? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44914501

この記事へのトラックバック一覧です: 外国為替証拠金取引(FX)の規制は・・・:

« JPモルガン・チェースのみがストレステスト合格? | トップページ | CFD取引をうまくするためのコツは? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ