« 米ドルは反発するも上値が重く限定的 | トップページ | 資産購入を拡大する必要性(FRB) »

2009.05.20

ドイツ国内経済のリセッションが和らぎつつある兆候

 ドイツ連邦銀行(中央銀行)の発表( 20日)

 月報で、1-3月(第1四半期)に過去最大のマイナス成長に陥った国内経済のリセッションが和らぎつつある兆候がみられると指摘した。

 悪化の勢いが弱まわったことに加え、一部の先行指標は著しく持ち直したと分析した。

 また、同国政府の景気刺激策ならびに欧州中央銀行(ECB)の極めて緩和的な金融政策の効果が完全に行きわたるまでには時間が掛かると付け加えた。

   
ユーロ/円にほんブログ村 為替ブログへ
 ボリン上下線と移動平均線は水平方向の動き。

 取引は下線との間の揉み合いが底値買いが入ったことから上昇し、131.50円のレジスタンスを突破する動きが出ることを期待したい。

  

« 米ドルは反発するも上値が重く限定的 | トップページ | 資産購入を拡大する必要性(FRB) »

気になる指標」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45075600

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ国内経済のリセッションが和らぎつつある兆候:

« 米ドルは反発するも上値が重く限定的 | トップページ | 資産購入を拡大する必要性(FRB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ