« GMの破産適用申請は・・・ | トップページ | 北朝鮮が3発目のミサイル発射 »

2009.05.25

地政学的なリスクが改めて注目され波乱含みの展開が見られる

 週明けの東京外為市場の円相場は、昼過ぎに北朝鮮が核実験を実施したと発表して以降、海外投機筋が地政学リスクを嫌気して

     ストップロスの円売り

やポジション調整の米ドル買い戻しに傾斜する動きが優勢となり、94円台前半で推移していた米ドルが94円台後半に反落した。

 また、132円前後で推移していたユーロ/円も一気に132円台半ばまで円安が進んだ。

 北朝鮮はJMT14時と18時前後に短距離ミサイルの実験を立て続けで実施したことから、改めて地政学リスクが嫌気されて海外投機筋がストップロスの円売りに傾斜したた。

 その後は、北朝鮮の動向を警戒しつつ、25日の英国・米国市場が休場のため薄商いの中で小動きに終始している。 

« GMの破産適用申請は・・・ | トップページ | 北朝鮮が3発目のミサイル発射 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45127080

この記事へのトラックバック一覧です: 地政学的なリスクが改めて注目され波乱含みの展開が見られる:

« GMの破産適用申請は・・・ | トップページ | 北朝鮮が3発目のミサイル発射 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ