« ドイツ国内経済のリセッションが和らぎつつある兆候 | トップページ | OECD最新の経済見通し報告では大幅修正の見込みなし »

2009.05.21

資産購入を拡大する必要性(FRB)

 米連邦準備制度理事会(FRB)が公表したFOMC(4月28-29日開催)の議事録で、景気回復の勢いを強めるために

   資産購入を拡大する必要性

があると一部メンバーから指摘があったとの記述が手掛かりとなり米ドルが全面安の流れとなった。  

 また、原油相場が1バレル=62ドルを上回ったことで、資源国通貨への需要が強まりNZドルと加ドルは対米ドルで上昇した。

    

« ドイツ国内経済のリセッションが和らぎつつある兆候 | トップページ | OECD最新の経済見通し報告では大幅修正の見込みなし »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45079504

この記事へのトラックバック一覧です: 資産購入を拡大する必要性(FRB):

« ドイツ国内経済のリセッションが和らぎつつある兆候 | トップページ | OECD最新の経済見通し報告では大幅修正の見込みなし »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ