« ヘッジファンドは二重苦に見舞われている | トップページ | 豚インフルエンザの起源は米国 »

2009.05.03

既存の季節性インフルエンザ用ワクチンで新型への適用効果はほとんどない

 世界保健機関(WHO)ワクチン研究イニシアチブ・ディレクター、マリー・ポール・キーニー氏によると

    既存の季節性インフルエンザ用ワクチン

が、世界的に感染が広がる

    新型の「インフルエンザA型(H1N1)」

に対してほとんど効果のないことが、試験の結果分かったことが1日明らかになった。

 記者会見で季節性インフルエンザのワクチンが今回の(新型)ウイルスに効果がある可能性はほとんどないと述べた。  
 その上で、今後ワクチン開発に成功することは確信しているとして、向こう4─6カ月間以内にはワクチンが出荷されるとの見通しを示した。

 

« ヘッジファンドは二重苦に見舞われている | トップページ | 豚インフルエンザの起源は米国 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/44878515

この記事へのトラックバック一覧です: 既存の季節性インフルエンザ用ワクチンで新型への適用効果はほとんどない:

« ヘッジファンドは二重苦に見舞われている | トップページ | 豚インフルエンザの起源は米国 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ